2004年07月28日

出産を控えたパパに捧げるプロローグ パパの長い一日

7月27日
22:26 ひょっとしたら陣痛かもとノートメモにつけて計測してみだす。
まずは2時間おきのはずなのに、2、3分おきに痛みが、なんで?

7月28日
0:56 病院に電話電話してみる。ワンコールで出てくれる、さすが! 看護師さんに「陣痛ですね、来てみてください。」と言われる。
1時過ぎ 既に準備済みのボストンバッグを持って、早速病院へ。
1:10 病院到着病院
1:14 2Fへ。看護師さんが対応、診察。
281.jpg

1:21 診察終了。既に3センチ開き、破水しているそう。「パジャマを取ってきてね」といわれる。既に用意してあるので車(セダン)までとりに向かう。
1:23 両親に連絡携帯電話
1時半頃 看護師さんにパジャマを渡す。
入院用の病室に案内される。
部屋や冷蔵庫の説明を受けた後、「念のためいい気分(温泉)しとくから旦那さんは外で待っててね」と言われる。
たぶん2時前 すること無いので、病院の2Fを少し探検眼鏡してみる。
終わったみたいなので、部屋へどうぞと呼ばれる。 「お腹の大きい最後の妊婦姿じゃ」と、記念にデジカメで撮影カメラしてみる。まだ余裕有り。
再び看護師さんがやって来る。なんか機械を設置するのでまた出るよう言われる。
さっき探検した時、みつけた鏡の前で踊りの練習してみる。うん、いけてるわーい(嬉しい顔)

2時半ごろ まだかかるということなので、いったん荷物や編集室に届けておくべきものを済ませておこうと自宅へ。
2:32 生まれて来た娘に頬ずりわーい(嬉しい顔)せなあかんので、マナーとしてヒゲをそってみる。
2:33 生まれてきたらチューキスマークしたらなあかんので、エチケットとして歯をみがいてみる。
 この頃、グランマが病院に駆けつけてくれていた。
2:35 届けるものを持って、出る準備。もちろん例のものも。
2:37 よく考えたら、抱っこした時なんかあったらあかんから爪手(パー)を切っておこう。
2:37 編集室へ向かう。
2:52 到着。編集長がまだ仕事してた。
2:58 仕事用のファイルや書類一式と、編集室の冷蔵庫からポカリを2本拝借して病院へ。



3:15 病院病院に戻る。グランマが到着済み。陣痛の痛みをやわらげるため背中をさすってくれていた。
破水したため感染症?にならないよう、抗生剤を注射したとのことふらふら。かなりぶっとかったらしいもうやだ〜(悲しい顔)
3:34 今まで腰だと思いこんで、背中をさすっていたことがグランマの中で発覚。
3:37 さっきからずーっと貧乏揺すりをしていることに自身気がつく。いつもしてるんだろう、きっと・・・
3:40 グランマと交代。ヨメの腰をさする。
3:42 2時ぐらいにつけた機械が、赤ちゃんの心音計揺れるハートと、どうやら陣痛計測器でもあることに気がつき妙に感心する。お腹のハリをはかれるなんてすごくない?

3:43 それを見ながら腰をさするタイミングを計ってみる。グッド!タイミング!!
3:44 テレビTVのチャンネル変えてみる。NNN24コンビニがやってた。当然か。
3:46 今日って7月28日なんやと気がつく。
3:47 テレビの時間をみて病室の時計時計がずれているのに気がつく。あとでなおそう。
3:48 馬券買うのに、7-28は無いから買えんなぁ〜などと思ってみる。
3:50 あぁ!3連単がはじまるから、7-2-8がいけるやんかぁ〜とシミジミ思う。
3:55 看護師さんが様子を見に来てくれる。
3:58 今日、犬東京ムツゴロウ王国猫が開演するらしい。あびる野市。



4:44 看護師さん、子宮口の開き具合をチェックに。そのため外へ。
4:48 外に貼ってある、今週のレストラン献立表喫茶店を眺める。うっ、うまそう・・・
285.jpg

5:00 夜が明けてきた。
5:20 FOMA携帯電話で長時間録音できないかテスト。なかなか難しい。説明書があれば・・・
5:35 グランマと交代
5:40 陣痛の合間に、少し眠っているようす。痛みに疲れたか、それとも慣れたのか? 頑張れぇー。
5:45 看護師さんきてくれる。もっと汗たらーっ(汗)がでて眠れない痛みになるらしい。眠れるほどおさまったので、念のため心音計る。145揺れるハート、元気! 現在腰あたりに鈍痛があるみたいだが、これが尾骨になって激痛どんっ(衝撃)になってかららしい。まだ7センチ以上先。遠っ!!
5:49 セミが泣き出す。晴れ朝やねぇ〜。夏やねぇ〜。晴れやねぇ〜。なんか縁起がええねぇ〜。
5:55 グランマにバトンタッチ。
5:58 かなり痛いらしい。声をあげて痛がるふらふら。そろそろ呼ぼうかとソワソワしてしまう声。
6:15 看護師さん診察にきてくれる→外へ
6:25 看護師さん出てくる。5、6センチは開いてて、第二関節ぐらいの距離まで頭が来ている。8センチにぐらいになったら、自分で歩いて足、陣痛室に移動しなければならないらしい。そのあと30分ぐらい、長くて2時間かかった人もいるそうだ。なんかやっぱり結石の時とよく似ている・・・
6:30 今、聞いたことをヨメに説明。すぐに陣痛におそわれる。かなり痛くなってきた様子。尾骨というか骨盤全体を押さえる。いつもは指圧が異常に強すぎと言われるが、今回は役立っている模様。
6:55 寝返りを打たせて、バトンタッチ。
7:00 まだかかりそうかな?
7:05 看護師さん「7センチ開いてるわね、あと少し。午前中には確実に生まれるねぇ〜。もうちょっと頑張って♪」。ニコっわーい(嬉しい顔)として帰る。その笑顔を見る余裕はヨメには一切無いふらふら
7:30頃 長時間録音の方法をなんとか極める手(チョキ)何してるんだオレ・・・
7:40 朝食レストランを持ってきてくれる。とてもじゃないけど食べれないだろう・・・。
7:45 ギュゥぅぅ〜〜!! どころか、ものすごい力で押している。尋常でない力で押している。しかも尾骨どころか肛かわいいも通り過ぎて、子宮のあたりを押している。わけわからんけど、骨盤が開いているのがなんか伝わってくるような気がした。勝手にもうあかんと判断してナースコールのボタンをカチっひらめき。「いきみたいです!ちっ(怒った顔)」と言ったのは何を隠そうオレ自身(笑)
7:48 すぐに看護師さんが来てくれて「あぁ、車いす車椅子持ってくるね」。あれっ?たしか自分で歩いていくはずでは・・・
 「ご主人、分娩に付き添われますか?」。即答で「はい、ほな行きます」と答えた。あれほど血見るのイヤなはずだったのに、なんか平気な自分がいるのが気持ち悪い。意外に冷静すぎるほど冷静。「じゃぁ、準備ができたら呼びますから、しばらくお待ち下さい」。
7:50 そそくさと録音カラオケの準備をはじめる。よしOK。もうこのまま回しっぱなしでいこう。そう、生まれた時の第一声を録音したかったのだ。
7:55 準備が完了したので“手術室”と書かれた緑色のスリッパに履き替え分娩室へ。一晩付き添ってくれた看護師さんお二人が対応してくれるようですごく心強い。すでにこの時点で、ウルウルもうやだ〜(悲しい顔)しているオレ。
 「もうちょっと時間かかるね。まだ気張らないようにねー。ふぅーう。ふーぅう」。
 「“ふぉぅ←〜→ぬぅxーぅ↓”」



8:00 録音機携帯電話をそばの棚に置いてみる。
「全開になってから、気張ってもらうからね、まだ気張っちゃダメよ」。
「チェックするからねぇ。まだいきんじゃダメよぉ〜。ふぅーう。ふーぅう」。
よく考えると、看護師さんじゃなくて、お二人とも助産師さんなのだと今頃になって気がつく。
「ふぅーう。ふーぅう。」オレの人差し指と中指を握って手(グー)耐える。この分娩室入りするまでに、病室で相当な力で押していたのだろう、親指まで併せて3本の指が、青紫色に鬱血している。
「ふぅーう。ふーぅう。」延々続く。よくテレビTVとかで聴くラマーズでないこの呼吸法。なんだろう?
「ふぅーう。ふーぅう。」いつまで続くのだ?
「ふーー。ふーー。」ちょっと落ち着いたもよう・・・。
一瞬静かになった。

心音機の鼓動が「ドンクドンクドンクドンクドンク揺れるハート」。

ものすごい早さで部屋中にこだまする。お腹の中で、赤ちゃんも必死に頑張っている。
「ふぉぅ←〜→ぬぅxーぅ↓」 突然再びおそってくる激しい陣痛。
そして「ドンクドンクドンクドンク揺れるハート」もうすぐだよとでも言いたげに、意思表示するその鼓動の速度もさらに上がる右斜め上



8:07「佐藤さん、明日付き添い食レストランいりますか?」。と突如現れた看護婦さん。






えっ??

 今、それを答えるんですか???



8:08「ふぉぅ←〜→ぬぅxーぅ↓」 再び声のトーンが変わる。
「まだだめよ」。
「ふぉぅ←〜→ぬぅxーぅ↓」
8:10「全開」。「全開やね。もうねぇ、準備するからね」。早よしたげて
「あ”ぁ” いたイ!いタイ!!」
「いたいなぁ〜もう気張ったら生まれるぐらいまできとるからね」。
「ほぉぅ←〜→ぬぅxーぅ↓


 い”ッ。。。イタイィィィiiiーexclamation×2exclamation×2exclamation×2


「よう今までがんばったね、はい、ふぅーう」。
「ふぉぅ←〜→ぬぅxxxXXXXXXーうううぅぅぅ↓」
「もうそこまで、頭来とるからねぇ〜。ふぅーう」。
「はぁァxxぁー→←〜ぁ右斜め上右斜め上右斜め上
「まだ気張ったらだめやでぇー」。
ひゃぁはぁぁaa〜a〜ァ
「はぁはぁしてごらん」。
「はぁァxxぁー→←〜ぁ↑あ。はぁァxxぁー→←〜ぁ↑あ↑ あ右斜め上右斜め上 あ左斜め上左斜め上左斜め上」文字にできない、息づかい。
「ふぅぅぅーーー」
「ほなね準備するよー」。いや、だから早よしたげてって
「ふぅううううーーー」
「お口あけとってよ〜」。
「はふぅぅぅ」
「旦那さんこれちょっと着とこうか」。ブルーのでっかい割烹着エプロン?を前から羽織る。








二人羽織は出来そうにない



「はぁァxxぁー→←〜ぁ↑あ↑ア↑A↑a」
「頑張ろうなぁ。赤ちゃんねぇ。もう頭の髪の毛でてきとるけんな。がんばってね」 。たしかに出てきてるよ、それらしきものが・・・出てきやすいように頭蓋骨が、ずれて細くなって出てくることは読んだことがあるが、それはそれは未知との遭遇2004年宇宙のハリーポッターとアズカバンの物体Xの旅・・・
「はぁい!! はぁ〜・・ほぉ。。。」返事ができる余裕があるみたいで、ちょっと落ち着くと思ったが 「はぁァxxぁー→←〜ぁ↑あ↑ア↑A↑aaaァァァぁぁぁ↓」
「はい、もうちょとお頑張るぅ〜。ふぅーう、よ。ふぅーーーう」。
「ふぅぅぅゥゥゥuuu」
「今までガンばったんやけん、まだいける」とオレ。何を根拠にそんなこと言えるんだ???
「ふぉぅ←〜→ぬぅxーぅ↓ふぉぅ←〜→ぬぅxゥーぅ↓フォぅ←〜→ヌuxーゥ↓」
「よう我慢したねぇ〜。ふぅーう」。
「ほハぁァぅxxぁー→←〜ぁ↑ア」
「まだよー。口あけてごらん、はぁはぁしてね」。まっ、まだなんですか。早よしたげて
「ふぅぅゥゥuuーー。ハほHぁァー」このやりとりが繰り返されること数回。
「もうちょっとしたら、下持って気張ってもらうからね。もうちょっとだよー」。きっと1分が1時間ぐらいに感じてるんだろうなぁ。


8:14 先生登場。登場テーマ曲『威風堂々』るんるん勝手に頭の中で流す。

「あぁ〜、あーーー、ふぅーーー。あぁ、もうダメぇ〜」先生を見て安心したのか、もう勘弁してくれという意味なのか? さっきまでと違い、はっきりわかる単語でしゃべってるよ!
「ほなな、ここに黒い持つとこあるでしょ。ここ持とか」。もうちょっとかなり長かったなぁ
8:15『ビデオ映画撮らなくていい?』。えっ!? 先生なりのジョークかなんかとマジで勘違いした。。。そうかぁ録音でなくて、ビデオ持ち込んでもいけたんか・・・そんなん思いもせんかったわ。それにもう準備する余裕ないし。そもそもビデオカメラ持ってないよ・・・とにかく早よ産ましたげて。・・・ ←こう思ったのはたぶん0コンマ003秒ぐらい。即効で「いっ、いいですたらーっ(汗)・・・」と答える。
『よし、ほなね結構ねチクッとするよ』。麻酔?

あ”ぁぁぁァァァaaa!


これ痛いんやろなー。自分の大事なところにプスプスと刺される大きな針を想像してしまい、ここに来たことを初めて一瞬だけ後悔がく〜(落胆した顔)した。

8:16:00『いいよ、きばって』。
「目あけてぇねぇ、頭あげて。ンんnーーーん」 。
「ふぅんーーーーーぅ」
「はい、もっかい(もう一回)息継ぎして。息吸ってぇー」。
「はぁアぁ〜〜ーー」
「声ださなーい」。
「んんnーーーーーーーーーーん!」
『上手に気張れよるで』。
「はい、もっかい」。
『はいもう一回以降、頑張ろう』。先生の低い渋い声が、自信と安心感を与えるのか? もうすぐエンディングであることがなんとなく感じられる。
「ふぅんーーーーーぅ」

8:17:00『ちょっとな佐藤さん、一生懸命いきみよるようやけどな。力、セーブしとるやろ。もっと気張れるはずや』。そんなアカデミー賞級の演技力たぶんないって。先生流の激励?とともに痛みが治まる。
『いたなったら気張ってよ』。

8:18:00「きよる? きよんね。よし大きく吸って、はいてー、すって、はいてー。
“お”“お””き”“く”↑すってぇ↑ トメテ! はいキバル!! ンんnーーーん」。
「んんnーーーーーーーーーーん!」
「目ぇあけて、んんーーーはい頑張って」。
『そう、そうそうそう』。
「ンンnーーーーーーーーーーンnnn!!!」ヘソが今にも発射しそうなぐらい飛び出しているよ。


こっから別のものも生まれるのかexclamation&question



『そう、そう上手、そう』

8:18:30 『ちょっと一回休もうか』。
「はい休んでぇ」。えっ休むの?
「はー↑はー↑はー↑」
『今度かな?』。
「はーはーはー」

8:19:00『痛み出したらゆうてよ』。

8:19:30 『次でるだろう。がんばりよ。うまいこといったら次でるけん』。
「はい!」力強くはっきり返事しとるよ。母親ってすげーぇ! もうオレ泣っきょるよ。

8:19:45「大きく吸って、はいてー、すって、はいてー。“お”“お””き”“く”↑すってぇ↑ はいトメテ! んんーーーー 」。
「あぁ↑↑↑ーーーーーぁxxxxーーー」
「声だしたらいかん。んんーーー声だださないよー」
「NNNーーーーーーーーーーンnnn!!!」あかん、




マジへそが発射する!!


「めぇーあけて!めぇーあけて!!あけて!!!」←オレ必死。実はなんで目をあけなあかんかとか全然わかってない
『はい、でたよ。はぁーはぁーはぁー』。
「ハァー↑ハァー↑ハァー↑」
『もう気張ったらいかん。もう気張ったらいかん。気張ったらいかん』。

8:20:00「ハァー!↑ハぁー。はぁー。はー。」
『はぁはあー言うて、はぁはあ』。
「はーはーはー」

8:20:10 『はい、おめでとー』。
「アcァあぁぁぁ」
「八時二十分でーす」。
「アcァ亜ぁぁぁ!」←オレ
「女の子ですよー。おめでとございますー」。
「はぁぁぁありがとございますぃぅゥuーーー。Hァ、Hぁーーアァ↑あぁぁ」

8:20:45
え”ぇ”お”ほぁぎゃゃーーあgyaゃぁぁ””みぎゃぁぁRぁらrぁAぁ




生まれてからの時間は全く覚えていない。自然分娩とは言え、少し縫わないといけないらしくいったん外に出された後、かなりの間、涙も鼻水も止まらなかったのだけは覚えている。自分自身、涙もろいのは知っていたけど、こんなに嬉しかったのはいつ以来だろうか? 難波にいる母(グランバ)、そして石井の父(グランパ)に伝えなければならないとコールしたが、嗚咽だけで言葉にならなかった(ひたすら鼻水を啜る音だけが聞こえていたに違いないもうやだ〜(悲しい顔))。それは生まれてきてくれたことへの嬉しさだけでなく、十月の間、そしてラストの10時間(←24時間どころか、100時間以上の出来事だったように思うのだけど、実際は10時間なんだよね)頑張ってきたヨメへの感謝の涙、そして分娩につきあってみて男ってつくづく無力バッド(下向き矢印)なんやなと痛感させられた涙だったと思う。カッコつけてるわけではなく、ホントに正直な思いなのだ。クサイ言葉だとは思うけど、この気持ちを忘れないようあえてココに記しておこうと思う。

命名: 響(ひびき)

7月28日(水) 大安吉日
午前8時22分 誕生
体重: 2670グラム
身長: 47.0センチ

285.jpg

たしか20分だったと思うけど、産湯につかって正式に計ったときは22分なんかな? まぁ細かいことはこの際気にしない気にしない。いろいろな処置が終わって、再度分娩室に呼び入れられるまで分娩室用の手術室と書かれた緑のスリッパを履いたままだったけど気にしない気にしない(^-^;。陣痛に付き合ってみて、つくづく昨年末、腎臓結石を体験していて良かった?と思った一晩だった。一緒にするなと言われそうだけど、少しでもママの気持ちを理解するために、パパは結石を体験しておくことをこれから推進していくことにしよう(^o^)/


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。